<スポンサーリンク>

「引き寄せの公式」CDブック: 心のブレーキを外すと幸せが加速する【本の感想】

2018年09月27日
引き寄せの法則
「引き寄せの公式」という本を読んだので、今日はその感想を書こうと思います^^

パラパラとページを開いている本

「引き寄せの公式」CDブック: 心のブレーキを外すと幸せが加速する(著書:山富浩司)

「1+1=」の答えが必ず「2」になるように...
誰がやっても、どんな分野のことでも、あたりまえのように
「幸せな引き寄せ」が起こる“奇跡の公式”を余すところなく紹介。
願いが超スピードで実現するCDつき



内容はとても分かりやすく、イラスト付きで凄く読みやすかったです。
タイトルの通り、引き寄せの法則を公式に置き換えて説明しています。

■目次
・引き寄せの公式とは
・引き寄せの公式の詳しい説明
・和の引き寄せとは
・その他の見どころ
・引き寄せの公式まとめ



開運音楽無料配信中。詳しくはこちら


引き寄せの公式とは


その公とは


D=E+H-B2乗
というもの。


これだけ見たら何が何だかわかりませんね^^;
詳しく説明します。


D=Dream(ドリーム)
「夢を叶えるには」「引き寄せを起こすには」


E=Energy(エネルギー)
「心と体のエネルギー」


H=How(どうやって)
「方法」


B2乗=Brake(ブレーキ)
「2種類のブレーキ」


となります。



引き寄せの公式の詳しい説明


ではさらに詳しく解説します。

引き寄せを加速させるには、まずは心と体のエネルギーを高める事が必要です。
そしてHOWの「どうやって」は「やりかた」ではなく「ありかた」

「ありかた」はいわゆる感情がどうあるかで、それと同調のものを引き寄せます。
これはどんなエネルギーを出すかによる、といったところでしょうか。


そしてブレーキを引きます。
心のブレーキです。これには2種類あって、
恐怖や怒りなどの「マイナス感情」
どうせ…という「マイナスの思い込み」

こういった感情がブレーキになってしまうと、当然前に進めません。



これはもう引き寄せの法則でもよく言われていることですが
こうやって公式にすると分かりやすいですね。



そしてこの本で言われている事は「和の引き寄せ」というものです。

和の引き寄せとは


そもそも引き寄せの法則はアメリカ発のものがほとんどで、日本人の思考には合っていないのでは?という事でした。
確かにアメリカ人と日本人は真逆なくらい考え方が違うかも^^;

「洋の引き寄せ」では奪う!とまではいきませんが、自分でつかみ取るという強い意志が感じられますが
日本人の考え方は、そういった事に抵抗がある人が多いですよね。

それがいわゆる心のブレーキになってしまうのではないでしょうか?



この本で記されているのは「おもてなしの心」で
幸せを引き寄せたいのなら、自分自身が幸せだと思うものを周りのみんなに分け与え
そうする事で周りから更なる幸せが返ってくる。

といった感じの、とても優しい引き寄せ法でした^^


いろいろな人の「引き寄せの法則」を学んでいますが、確かに日本のものはそういった方法が多いですね。
海外のものを見ると「人に与える」事よりも、叶った自分を想像してワクワクして、自分でつかみ取ろう!という考えが多いです。


う~ん、なんだか納得w
もちろん合うやり方は人によって違うと思いますが、私はやはり「和の引き寄せ」の方が合っていると思います^^


その他の見どころ


そしてこの本でもう一つおススメしているのがタッピング療法です。


これは図がないと説明が難しいのすが、いろいろな場所のツボをタッピングする事で、
不安などのブレーキを外す、といった療法です。

効果によって方法は違いますが、とても簡単で分かりやすく説明してあります。
詳しく知りたい方は是非、この本を読んでみてください♪


そしてなんとCDまでついています!
ここでは一緒に出来る瞑想のワークつきです。
実際にやってみたのですが、凄く分かりやすく誘導してくださっているので
瞑想初心者さんにもおススメです♪



イラストグッズ販売中。詳しくはこちら


引き寄せの公式まとめ


この本はページ数も少な目で字も大き目なのですぐに読み終えられると思います。
ですが内容がちゃんと詰まっていて濃いものとなっています。

こうやって公式に当てはめると、答えもおのずと見つかっていくと思います。
とにかく分かりやすく読みやすいと思いました。

私は本を読むのがそんなに得意ではないのですが、そんな私でもすんなり読めました。
そしてなんだかとても優しい気持ちになれました^^


興味のある方は是非、お手に取ってこの本を読んでみてください♪



関連記事
きの
Posted by きの
自分を好きになり楽に楽しく生きる為に、私自身が体験した事、効果のあったものをみなさんにご紹介していきます。
今生きる事に苦しんでいる人たちを、少しでも救う事が出来れば幸いです。


<スポンサーリンク>