【脱出ゲーム】息抜きや脳トレに最適な理由と効果&おススメサイト紹介

きの

-
今日はゲームの中でも特に脳トレや、ちょっとした息抜きに最適な「脱出ゲーム」についてお話します。

イースタン州立刑務所



はじめに


なぜ今回「脱出ゲーム」をおススメするのかというと…正直個人的な好みの問題も含みます^^;

ですが、基本的にゲームはなんでも好きです。
いろんなゲームをやる中で、これがちょー面白いからおススメ!という事ではなく
今回ご紹介するのは、脳にとって最適なゲームというお話です。


個人的な意見が多く含まれますので、あくまで一意見としてご覧くださいm(_ _)m



脱出ゲームとは


鳥かごの中に入っている猫を眺める鳥たち

脱出ゲームとは、その名の通り閉じ込められた場所から脱出するゲームです。
大抵主人公(あなた)はどこかの部屋に閉じ込められていて、そこから脱出するために謎を解きながらゲームを進めていきます。



脱出ゲームが脳に良い理由


脱出ゲームが脳に良い一番の理由は「余計な思考を止める」ことです。
ですが、余計な思考を止めることだけを目的とするなら、どのゲームでも良さそうですよね。

ここで私がおススメしたいのがブラウザの脱出ゲームです。

ブラウザゲームとはPCで出来るゲームで、ダウンロードやインストールも不要で、すぐ遊べるゲームのことです。
その中でも一般販売されている公式のゲームではなく、一般の方が作ったフラッシュゲームがおススメです。



ブラウザのフリーゲームがおススメの理由


確かに公式のゲームや、無料だとしてもアプリゲームの方がクオリティが高いし、面白いものが多いです。
今はアプリでできる脱出ゲームもたくさんあります。

ですが私があえてフリーゲームをおススメする理由は、クリアまでが短く次の面がないからです。



脱出ゲームは適度な脳トレができる


脳トレが目的なら当然脳トレのゲームの方が良いとは思いますが、今回は「適度な」脳トレということです。
POINT脳を適度に休めつつ、謎を解きつつ、適度な時間でクリアしていく。
脳にメリハリをつけられる(謎を解く時は頭を使いますが、アイテムを探す時などは無心になれる)

クリアしたら次の面はなく、ハマりすぎない。
だけど頭を使うせいか、クリア後は結構(良い意味で)疲れがきたり、達成感があるので満足できる(物語も完結する)

こういった事が私が脱出ゲームをおススメする理由です。



ブラウザで脱出ゲームが出来るサイト


ブラウザで脱出ゲームが出来るサイトをご紹介します^^

無料ゲームは数多くあって、とても全部は紹介しきれないのですが、私が一番おススメしたいのは脱出ゲーム大百科様です。

もうかれこれ10年以上前から遊ばせていただいてます。
それぞれのゲームに「掲示板攻略情報」が設けてあり、ここで情報を交換することが出来ます。
行き詰ったらここでヒントを見て、攻略することも出来ます^^



脱出ゲームの面白さ


最初にも言いましたが、結局のところ個人的に脱出ゲームが好き、ということが大きいです^^;

謎解きが苦手ならパズルゲームやちょっとしたアクションゲームなんかもおススメですが、そういったゲームはクリアまでが長いんですよね…
そうなるとゲームをやる時間が長くなりすぎたり、ハマりすぎて抜け出せないなんてことも…


あくまでちょっとした息抜き程度に、というところが脳に良い影響が出るのだと思います。
適度な難しさもあって、ゴチャゴチャした記憶をクリーニングするのにも最適です。
「記憶のクリーニング」については前回の記事でお話しています↓

【心の浄化】ブルーソーラーウォーターで潜在意識をクリーニングする方法

今日は心を浄化させる「ブルーソーラーウォーター」の効果や作り方、注意点などをお話します。目次  ・はじめに  ・ホ・オポノポノとは  ・ブルーソーラーウォーターとは  ・ブルーソーラーウォーターの作り方  ・ブルーソーラーウォーターを作るうえでの注意点  ・ブルーソーラーウォーターは飲む以外にも使えます  ・ブルーボトルの入手方法  ・記憶をクリーニングする理由  ・ブルーの持つパワー  ・まとめ...



まとめ


パソコンとノート

何度も言っていますが、あくまで個人的な意見が多く含まれています。
息抜きやちょっとした脳トレがしたい方には「脱出ゲーム」がおススメの方法の一つですよ、というお話です。

もちろん個人の好みや向き不向きがありますから、自分に合ったものを探してみてください。
と言ったら元も子もないんですけどね^^;
結局のところ「脱出ゲーム」面白いからやってみて!というお話の方が合っているかもしれませんw


興味のある方は是非、息抜きにやってみてください♪





無料メルマガ配信中。詳しくはこちら

関連記事
  • Posted byきの